クサソテツ


(栄養葉)
新潟県 2008.5.1 画像をクリック
       クサソテツ
イワデンダ科クサソテツ属
Matteuccia struthiopteris

別名:コゴミ
河川敷や湿り気の多い林縁に生える
夏緑性のシダ植物。
栄養葉は倒卵状披針形で2回羽状深
裂、光沢が無く鮮緑色。
胞子葉は栄養葉より短く. 秋に立ち上
がり、翌春まで残る。
若芽はコゴミと呼び、 ワラビと並んで
山菜採りに人気が高い。
筆者の居住周辺には自生していない
が、中越の河川敷には多い。


    新潟県 2008.5.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ