マイヅルテンナンショウ


栃木県渡良瀬遊水地 2004.5.13 画像をクリック

栃木県渡良瀬遊水地 2003.5.18 画像をクリック

(果実)
栃木県渡良瀬遊水地 2009.11.5 画像をクリック
      マイヅルテンナンショウ
サトイモ科テンナンショウ属
Arisaema heterophyllum

低地〜山地の草地や疎林などに稀に生える
高さ60〜120cmの多年草。
和名は花と葉を鶴が舞う姿に見立てたことに
由来する。
仏炎苞は緑色で舷部の先は尾状にのび、付
属体はS字状に曲がる。
渡良瀬遊水地は随所で観察できるが、やや
乾いた小高い丘に自生している。


  栃木県渡良瀬遊水地 2003.5.18 画像をクリック

           (若い果実・雌花)
  栃木県渡良瀬遊水地 2009.6.26 画像をクリック

トップページへ  前ページへ