マルバダケブキ


長野県三方ヶ峰 2005.8.2
            マルバダケブキ
キク科メタカラコウ属
Ligularia dentata

深山のやや湿り気のある草地や林縁に生える
高さ80〜120cmの多年草。
根生葉は長い柄があり、葉身は腎円形で長さ
約30cmになり、薄い洋紙質。
茎葉は2個つき、葉柄の基部は膨れて茎を抱く。
7〜8月、直径約8cmの黄色の頭花を散房状
に数個つける。
舌状花は約10個、筒状花は多数ある。
日光白根山ではシラネアオイなどの希少種が、
鹿の食害にあって激減した。
鹿の食べない本種だけが生き残っている。


     長野県三方ヶ峰 2005.8.2

トップページへ  前ページへ