マルバフユイチゴ


長野県下伊那郡 2004.6.12 画像をクリック

(果実)
長野県 2014.9.6 画像をクリック

長野県 2016.6.4 画像をクリック
      マルバフユイチゴ
バラ科キイチゴ属
Rubus pectinellus

別名:コバノフユイチゴ
山地〜深山の林内や林縁に生える
つる性の常緑小低木。
葉は互生、葉身は3〜8.5cmの円形
で、縁には鈍鋸歯がある。
5〜7月、 枝先に直径2cmほどの白
色の花を1個つける。
果実は直径約1cmの球形 (集合果)
で、8〜9月に赤く熟す。
上信越の多雪地帯には多い。


   長野県下伊那郡 2004.6.12 画像をクリック

             (果実)
    長野県 2014.9.6 画像をクリック

    長野県 2016.6.4 画像をクリック

トップページへ  前ページへ