マルバハギ


群馬県多野山地 2010.9.10 画像をクリック

群馬県多野山地 2010.9.10

群馬県 2014.9.9 画像をクリック

山口県 2016.9.26 画像をクリック
       マルバハギ
マメ科ハギ属
Lespedeza cyrtobotrya

山地〜深山の草地や林縁に生える
高さ1〜2mの落葉低木。
小葉は長さ2〜4cm、楕円形または
倒卵形で、先は凹む。
小葉の中脈の先が針状に突だすの
も、特徴のひとつである。
8〜10月、葉腋から短い花序を出し、
紅紫色の蝶形花をつける。
花は葉腋近くにつき、花序が短いの
で、容易に区別できる。
ふつうに見られる ヤマハギは葉腋
から長い総状花序を出す。


  群馬県多野山地 2010.9.10 画像をクリック

           (小葉の先は針状)
    群馬県 2014.9.9 画像をクリック

    群馬県 2014.9.9 画像をクリック

    山口県 2016.9.26 画像をクリック

トップページへ  前ページへ