マルバイワシモツケ


長野県八方尾根 2005.7.6 画像をクリック
      マルバイワシモツケ
バラ科シモツケ属
Spiraea nipponica f. rotundifolia

近畿地方以北の本州に分布
山地〜亜高山の岩場などに生える
高さ1〜2mの落葉低木。
母種のワシモツケに比べ、葉の先
が丸く、鈍い鋸歯がある。
5〜7月、 枝の先に散房花序をだし、
白い花を多数つける。
至仏山、秩父山系などの蛇紋岩地
や石灰岩地には多い。


   長野県八方尾根 2005.7.6 画像をクリック

トップページへ  前ページへ