マルバマンネングサ


茨城県久慈郡 2003.7.12 画像をクリック

群馬県 2015.8.2 画像をクリック
        マルバマンネングサ
ベンケイソウ科マンネングサ属 
Sedum makinoi

山地の岩上や石垣などに普通に生える
高dさ8〜20cmの多年草。
小型のロゼットで越冬する。
葉は対生、倒卵形〜さじ形で、先はまる
く基部は柄状になる。
6〜7月、茎頂に集散状花序を出し、黄
色の花を多数つける。
妙義山の湿った岩場には多い。


    群馬県妙義山 2003.8.5 画像をクリック

     群馬県 2015.8.2 画像をクリック

トップページへ  前ページへ