マルバオモダカ


新潟県 2008.8.18 画像をクリック

新潟県 2008.8.18 画像をクリック

新潟県 2008.8.18 画像をクリック

(果実) 新潟県 2008.8.25 画像をクリック
         マルバオモダカ
オモダカ科マルバオダカ属
Caldesia parnassifolia

全国の湖沼、ため池などに稀に生える
浮遊〜抽水性の多年草。
茎は短く、葉は根生、葉身は浮葉で卵
心形、抽水葉は円心形。
葉は全て浮葉である場合、一部または
全部が抽水葉になる場合とがある。
7〜9月、 花茎に3枝を輪生、枝先に白
色の花をまばらにつける。
水質汚染や開発などによって、産地は
減少、出合う機会は稀である。
毎年、 観察予定の重点目標を掲げて
いるが、本種もそのひとつ。


    新潟県 2008.8.18 画像をクリック

   (浮葉) 新潟県 2008.7.31 画像をクリック

   新潟県 2008.8.18 画像をクリック

   (果実) 新潟県 2008.8.25 画像をクリック

トップページへ  前ページへ