マツバウンラン


群馬県甘楽郡 2007.5.4 画像をクリック
         マツバウンラン
ゴマノハグサ科リナリア属 
Linaria canadensis

北アメリカ原産の帰化植物
荒れ地、道ばた、河川敷などに生える
高さ40〜50cmの越年草。
葉は線形で、最初はロゼット状、後に
茎の下部で互生する。
4〜6月、紫色の花を穂状につける。
1941年、京都市伏見区向島ではじめ
て発見された。
群馬県は数年前から帰化している。


      群馬県甘楽郡 2007.5.4

トップページへ  前ページへ