マツノハマンネングサ


  (イタヤカエデに着生)
山梨県 2008.8.14 画像をクリック

山梨県 2008.8.14 画像をクリック
        マツノハマンネングサ
ベンケイソウ科マンネングサ属
Sedum hakonense

東京・埼玉・神奈川・山梨・静岡県の
主にブナ帯に分布する。
ブナ・イタヤカエデなど落葉広葉樹の
樹幹に着生する多年草。
茎は基部で分枝、多数の花枝と花の
つかない枝が密生する。
花枝は長さ5〜10cm、濃紅紫色を帯
び、斜上または直立する。
葉は長さ1〜2.5cm、幅1〜3mmの線
形で、葉柄は無く、先は丸い。
7〜8月、 集散状の花序に黄色の花
を10〜20個つける。
産地は少なく、中々出合えない。


    山梨県 2008.8.14 画像をクリック

    山梨県 2008.8.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ