ミチノクサイシン


栃木県那須郡 2008.5.16 画像をクリック

栃木県那須郡 2008.5.16
       ミチノクサイシン
ウマノスズクサ科カンアオイ属
Heterotropa fauriei

別名:ミヤマカンアオイ
栃木・新潟県以北、東北地方に分布
山地のブナ帯などにやや稀に生える
高さ2〜5cmの多年草。
茎は細く地を這い、節間が長い。
葉は広卵形〜腎円形で円頭、表面は
深緑色、斑紋はなく、光沢がある。
花は小型で、 直径1〜1.5cm、萼筒は
短く、雄蕊は12個、 花柱は6個、先は
長い嘴状で2裂する。
萼筒より突出するのが特徴である。
産地は少なく、探すのに一苦労する。


     栃木県那須郡 2008.5.16

トップページへ  前ページへ