イワアカザ


(蕾)
栃木県 2003.7.18 画像をクリック

栃木県 2006.8.22 画像をクリック

栃木県 2012.9.5 画像をクリック

栃木県 2012.9.5 画像をクリック

群馬県 2017.7.30 画像をクリック

(7度目の観察で初めて花を撮影)
群馬県 2017.8.28 画像をクリック

群馬県 2017.9.4 画像をクリック

群馬県 2017.9.4 画像をクリック

群馬県 2017.9.4 画像をクリック
      イワアカザ
アカザ科アカザ属
Chenopodium bryoniaefolium

別名:ミドリアカザ 
山地の草地や礫地などに極めて稀に生える
高さ30〜100cmの1年草。
葉は三角状卵形で薄く、鋭頭または鋭尖頭、
全縁または歯牙がある。
葉の縁には膜質の縁取りがなく、花序の軸
には管状の毛がない。
8〜9月、円錐花序に小さな花をつける。
栃木県の産地は昔から知られているが、分
布は広がっていない。
小さな植物であるが、 下の画像に蚊が止ま
っているので大きさが分かる。
2007年8月、環境省が発表した見直しリスト
では絶滅危惧TA類に格付けされた。


    栃木県 2006.8.22 画像をクリック

        栃木県 2006.8.22

             (果実)
   栃木県 2012.9.5 画像をクリック

             (果実)
    栃木県 2012.9.5 画像をクリック

   群馬県 2017.7.30 画像をクリック

             (花)
   群馬県 2017.8.28 画像をクリック

    群馬県 2017.9.4 画像をクリック

    群馬県 2017.9.4 画像をクリック

    群馬県 2017.9.4 画像をクリック

トップページへ  前ページへ