ミギワガラシ


長野県 2008.7.31 画像をクリック

長野県 2008.7.31 画像をクリック

(ハイハマボッス<左の白い花>と競演)
長野県 2008.8.12 画像をクリック
         ミギワガラシ
アブラナ科イヌガラシ属
Rorippa nikkoensis

高原の湿地や湖沼などに稀に生える
高さ30〜80cmの多年草。
葉は羽状に浅〜全裂、長さ7〜15cm、
幅1.5〜3cm、裂片は1〜5対。
7〜8月、総状花序に黄色小さなの花
をやや密につける。
萼片は基部が膨らみ、花弁は鮮黄色、
長倒卵形で、萼と同長。
和名は水際に生える芥子の意味であ
るが、種小名は発見地に因む。
長野県はひっそりと静まり返った池の
周囲に点々と自生していた。
出合う機会の少ない植物と言える


    長野県 2008.7.31 画像をクリック

    長野県 2008.7.31 画像をクリック

   (ハイハマボッスとの混生は世界でここだけか?)
   長野県 2008.8.12 画像をクリック

トップページへ  前ページへ