ミソガワソウ


群馬県野反湖畔 2006.7.25
         ミソガワソウ
シソ科イヌハッカ属 
Nepeta subsessilis

深山の草地や林縁、沢沿いなどに生える
高さ50〜100cmの多年草。
葉は広卵形〜広披針形で鋸歯がある。
両面には疎らに毛が生える。
7〜8月、茎の上部に花穂をつくり、紫色
の唇形花をつける。
花冠は筒部が長く、下唇は3裂、中央裂
片に紫色の班紋がある。
和名は木曽川支流の味噌川付近で発見
されたことに由来する。
八ヶ岳の登山道沿いでよく見かける。
長野県の木曽街道を走行すると味噌川
ダムの標識が出現する。
この標識を見る度に本種を思いだす。


     群馬県野反湖畔 2006.7.25

トップページへ  前ページへ