ミツバアケビ


群馬県甘楽郡 2013.4.9 画像をクリック
       ミツバアケビ
アケビ科アケビ属
Akebia trifoliata

山野の林縁などにふつうに生える
つる性の落葉木本。
葉は3出複葉、小葉は長さ2〜6cm、
幅1.5〜4cmの卵形。
4〜5月、葉腋から総状花序をだし、
濃紫色の花をつける。
雌雄同株、 雌花は大きく、雄花は
花序の先につき小さい。
良く似ているアケビは掌状、 小葉
は5個なので、区別できる。
9〜10月、径10cmほどの液果をつ
け、熟すと紫色になる。
アケビ(ゴヨウアケビ) 、ミツバアケ
ビをひっくるめてアケビと呼ぶ。


    群馬県甘楽郡 2013.4.9 画像をクリック

トップページへ  前ページへ