ミツバコンロンソウ


埼玉県武甲山 2005.4.19 画像をクリック
      ミツバコンロンソウ
アブラナ科タネツケバナ属
Cardamine anemonoides

関東地方以西、四国、九州に分布
低地〜山地の林床、林縁等に生える
高さ10〜20cmの多年草。
茎は直立し、無毛で稜がある。
葉は茎葉のみで、互生し、下部の葉
は小型、上部の葉は卵状披針形。
4〜5月、 短い総状花序をだし、白色
の花を少数つける。
早春の沢沿いにシコクスミレコチャ
ルメルソウ
などと競演していた。


       埼玉県武甲山 2005.4.19

トップページへ  前ページへ