ミツバオウレン


群馬県至仏山 2005.7.9
            ミツバオウレン
キンポウゲ科オウレン属
Coptis trifolia

中部地方以北、北海道に分布する。
亜高山帯〜高山帯の針葉樹林内に生える
高さ5〜10cmの常緑の多年草。
根生葉は長柄がある3出複葉、小葉倒卵形
で重鋸歯があり、やや厚く、光沢がある。
6〜8月、花茎の先に白色の花を1個開く。
花茎は緑色で、褐色のミツバノバイカオウレ
ン(コシジオウレン)とは区別できる。
至仏山の登山道には多い。

トップページへ  前ページへ