ミヤコアザミ


長野県 2006.9.5 画像をクリック

長野県 2006.9.5 画像をクリック

長野県 2006.9.5 画像をクリック
       ミヤコアザミ
キク科トウヒレン属
Saussurea maximowiczii

山地〜亜高山の草原などに生える
高さ50〜150cmの多年草。
根生葉は長柄があり、 花時も残る。
茎葉は長楕円形で、羽状に深裂し、
裏面には腺点がある。
頭花は直径約1cm、総苞は細い筒
形、総苞片の外片は卵形。
よく似たキクアザミは茎に翼はなく、
葉は卵形〜広卵形、羽状に深裂し、
縁に鋭い鋸歯がある。 
ミヤコアザミは榛名高原や霧ヶ峰に
も点在する。


     長野県 2006.9.5 画像をクリック

    長野県 2006.9.5 画像をクリック

トップページへ  前ページへ