ミヤコジマハナワラビ


沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック
        ミヤコジマハナワラビ
ハナヤスリ科ミヤコジマハナワラビ属
Helminthostachys zeylanica

別名:ミヤコジマハナヤスリ
奄美大島以南、沖縄県に分布
やや陰湿な疎林下などに稀に生える
高さ20〜80cmのシダ植物。
栄養葉は3裂し、さらに羽片が3〜4裂、
に分岐、7〜12枚の裂片がある。
胞子葉は単生、柄は長さ4〜8cm、そ
の上に円柱状の穂をつける。
胞子嚢穂は1〜2回分岐し、短い枝に
直接胞子嚢をつける。
産地はごく少なく、中々出合えない
(環境省評価:絶滅危惧TB類)


   沖縄県(西表島) 2008.12.14 画像をクリック

トップページへ  前ページへ