ミヤマハタザオ


長野県南アルプス 2007.5.20 画像をクリック
        ミヤマハタザオ
アブラナ科ヤマハタザオ属 
Arabis lyrata var. kamtschatica

山地の砂礫地や岩場などに生える
高さ5〜30cmの多年草。
根生葉はへら状倒卵形で、全縁ま
たは数個の鋸歯がある。
茎葉は線状倒披針形で、1〜5cm。
5〜8月、白色の花を多数つける。
花柄は長さ3〜10mm、花弁は長さ
5〜6mm、花柱はごく短い。
南アルプスには茎や葉に毛が密生
するカマナシハタザオがある。
画像は撮影地から推測するとカマ
ナシハタザオの可能性がある。
ルーペで確認しなかった事を反省


  長野県南アルプス 2007.6.28 画像をクリック

トップページへ  前ページへ