ミヤマホツツジ


長野県湯の丸高原 2006.7.29
         ミヤマホツツジ
ツツジ科ホツツジ属 
Tripetaleia bracteata

中部地方以北、北海道に分布。
亜高山帯の草地や礫地などに生える
高さ30〜100cmの落葉低木。
葉は互生、枝先に集まってつく。
葉身は倒卵形、全縁で短毛がある。
7〜8月、枝先に花序をだし、緑色が
かった白色の花をつける。
花冠の裂片3個はくるりと反り返る。
花柱は上向きに大きく曲がる。
よく似たホツツジは花柱が真っ直ぐつ
きでるので、容易に区別できる。
湯の丸は全てミヤマホツツジである。


    長野県湯の丸高原 2006.7.29

トップページへ  前ページへ