ミヤマナガハシスミレ


長野県八方尾根 2005.7.6

長野県八方尾根 2009.6.17 画像をクリック

長野県 2011.5.16 画像をクリック

長野県 2011.5.16 画像をクリック

長野県 2013.5.18 画像をクリック
        ミヤマナガハシスミレ
スミレ科タチツボスミレ類
Viola rostrata f. alpina

北アルプス北部の蛇紋岩地に分布
ナガハシスミレの1品種で、八方尾根で発
見された亜高山帯変形植物。
花期の地上茎は5cm前後と小型で全体が
濃い紫色を帯びる。
茎はのばさず、葉の表面は暗緑色、裏面
は濃い紫色になる。
ミヤマナガハシスミレを撮影する為、梅雨
真只中の八方尾根を訪れた。
花期をやや過ぎていたこともあって、確認
できたのは僅か3個体のみ。
ここにはハッポウタカネセンブリ、ハッポウ
ウスユキソウ、ハッポウワレモコウなど多く
の固有種が自生している。


      長野県八方尾根 2005.7.6

    長野県 2011.5.16 画像をクリック

    長野県 2011.5.16 画像をクリック

    長野県 2011.5.16 画像をクリック

    長野県 2013.5.18 画像をクリック

トップページへ  前ページへ