ミヤマニガイチゴ


長野県 2014.7.3 画像をクリック

(果実)
群馬県 2015.8.24 画像をクリック
       ミヤマニガイチゴ
バラ科キイチゴ属
Rubus microphyllus var. subcrataegifolius

山地〜深山の林縁などに生える
高さ80〜100cmの落葉低木。
葉身は長卵形で、3裂し、中央の
裂片は大きく長く尖る。、
5〜6月、 前年枝の葉腋から枝を
だし、白色の花を数個つける。
果実は直径1.2〜1.5cmの球形で、
8〜9月頃、赤く熟す。
標高約2000mの国道沿い林縁に
点々と自生していた。


    長野県 2014.7.3 画像をクリック

             (果実)
    群馬県 2015.8.24 画像をクリック

トップページへ  前ページへ