ミヤマニガウリ


長野県白馬山麓 2006.9.5

長野県白馬山麓 2006.9.5
       ミヤマニガウリ
ウリ科ミヤマニガウリ属 
Schizopepon bryoniaefolius

山地〜亜高山帯の林縁などに生える
つる性の1年草。
茎は細く. 葉は長い柄があり、心形状
卵形で、表面に毛がある。
雄株と両性花株があり、 両性花は葉
腋から単生し、垂れ下がる。
雄株は総状につき、 花冠はやや小さ
く、雄しべは3個。
果実は腋果の楕円形で長さ約1cm。
猿倉〜白馬尻の登山道には多い。


             (果実)
    長野県白馬山麓 2006.9.5

トップページへ  前ページへ