ミヤマオトコヨモギ


長野県八ヶ岳 2005.7.24
          ミヤマオトコヨモギ
キク科ヨモギ属
Artemisia pedunculosa

1884年、松村任三博士が戸隠山
で発見した。
群馬・長野・岐阜・静岡・山梨・新潟
富山・石川・福井県に分布。
亜高山帯〜高山帯の岩礫地などに
生える高さ10〜30cmの多年草。
葉は倒披針状へら形で、先は浅く3
〜5裂する。
頭花は直径5〜10mm、長い柄の
先に下向きにつく。
美ヶ原高原ではミヤマラッキョウの
近くに点在していた。

トップページへ  前ページへ