ミヤマシシウド


長野県白馬山麓 2006.9.5
         ミヤマシシウド
セリ科シシウド属 
Angelica matsumurae

中部地方〜東北地方に分布。
亜高山帯〜高山帯の林縁や草地などに
生える高さ50〜150cmの多年草。
葉は3回羽状複葉で、小葉は6〜15cm。
裏面の主脈に毛が散生する。
7〜9月、枝先の複散形花序に、白色の
小さな花を蜜につける。
シシウドに似るが、葉が広く、葉の表面
に毛はない。
北岳の大樺沢や白馬尻には多い。


     長野県白馬山麓 2006.9.5

トップページへ  前ページへ