ミヤマスカシユリ


茨城県 2003.7.12 画像をクリック

茨城県 2003.7.12 画像をクリック
          ミヤマスカシユリ
ユリ科ユリ属
Lilium maculatum var. bukosanense

スカシユリの変種で埼玉・茨城県に分布
山地や河岸の断崖に極めて稀に生える
高さ20〜60cmの多年草。
埼玉県武甲山の石灰岩地で発見された
のでbukosanenseの学名がある。
茎は下垂し、葉は線形で幅3〜5mm。
6〜7月、花は上向きに開き、花被片は
強く反り返る。
武甲山にもあるが、生育地は石灰岩発
掘の進む「立入り禁止区域」にあり、撮
影は困難である。
この日は、前日の雷雨の影響で水嵩が
増し、対岸に渡れなかった。
仕方なく望遠レンズで撮影、画像はトリ
ミング加工を施した。
東京のTさんの情報で、長野県のAさん
親子と訪ねた。
ここはフクロダガヤのタイプ地でもある。


      (リンク画像は900×1200の横位置)
    茨城県 2003.7.12 画像をクリック

    茨城県 2003.7.12 画像をクリック

トップページへ  前ページへ