ミヤマトウキ


長野県八方尾根 2005.7.6

長野県八方尾根 2005.7.6
           ミヤマトウキ
セリ科シシウド属
Angelica acutiloba var. iwatensis

別名:イワテトウキ
滋賀県以北、北海道に分布(日本固有)
山地〜亜高山のやや湿った岩場に生える
高さ20〜50cmの多年草。
葉は2回3出複葉、表面につやがある。
茎葉は3〜4個、葉柄の下半分は膨らむ。
葉の表面は光沢があり、 手で掴むと強い
薬草の香りがする。
7〜8月、花茎の先に集散花序を出し、白
色の大きな花をつける。
妙義山の岩場にも自生している。


      群馬県至仏山 2005.8.8

トップページへ  前ページへ