ミヤマゼンゴ


長野県八ヶ岳 2007.7.28
         ミヤマゼンゴ
セリ科エゾノシシウド属 
Coelopleurum multisectum

別名:ミヤマゼンゴ
中部地方に分布の日本固有種
亜高山〜高山の砂礫地などに生える
高さ20〜60cmの多年草。
葉は2〜4回羽状複葉、全裂し、小葉
は長さ1〜3cmの卵形。
7〜8月、白色の花を密につける。
北岳や八ヶ岳の礫地でよく見かける。


     長野県八ヶ岳 2007.7.28

トップページへ  前ページへ