ミゾカクシ


栃木県渡良瀬遊水地 2004.8.5
           ミゾカクシ
キキョウ科ミゾカクシ属 
Lobelia chinensis

別名 アゼムシロ
湿地や田のあぜなどにふつう生える
高さ10〜15cmの多年草。
茎は細く、地を這って長く伸び、節か
ら根を出して増える。
葉は披針形で左右2列に互生する。
6〜10月、葉腋から長い花柄をのば
し、淡紅紫色の花を1個つける。
花は独特の形をしている。

トップページへ  前ページへ