ミズバショウ


黄色はリュウキンカ/リンクは横位置)
福島県尾瀬 2004.5.27 画像をクリック

福島県尾瀬 2005.5.27 画像をクリック
       ミズバショウ
サトイモ科ミズバショウ属
Lysichiton camtschatcence

近畿地方以北、北海道に分布
湿原や湿潤な林内などに群生する
高さ20〜30cm多年草。
仏炎苞は白色卵形で長さ8〜15cm、
円柱状の花序を包む。
花は亀甲状の淡緑色で密生、花の
後、 葉は成長して長さ約80cm、幅
25〜35cmとなる。
最近、 尾瀬にも熊が時々出没する
が、熊の糞にミズバショウの種子が
混じっていたとの報告もある。
ミズバショウは有毒であるが、熊は
解毒作用として食べると聞く。


   福島県尾瀬 2004.5.27 画像をクリック

   福島県尾瀬 2005.5.27 画像をクリック

トップページへ  前ページへ