ミズヒマワリ


栃木県佐野市 2009.12.16 画像をクリック

(ミズヒマワリ・オオフサモ・ アゾラ・クリスタータ競演)
栃木県佐野市 2009.12.16 画像をクリック
       ミズヒマワリ
キク科ミズヒマワリ属
Gymnocoronis spilanthoides

中南米原産の帰化植物
用水路やため池の水中などに生える
高さ50〜150cmの多年草。
葉は対生、長さ8〜20cmの卵状披針
形で、鋸歯があり先は尖る。
9〜10月、茎先の集散花序に白色の
小さな頭花をつける。
この水路には特定外来生物12種(植
物)の内、ミズヒマワリ、アゾラ・クリス
タータ、オオフサモが繁茂していた。


   栃木県佐野市 2009.12.16 画像をクリック

   栃木県佐野市 2011.12.1 画像をクリック

トップページへ  前ページへ