ミズナラ


群馬県 2015.8.24 画像をクリック
      ミズナラ
ブナ科コナラ属
Quercus crispula

亜高山の落葉広葉樹林などに生える
高さ10〜30mの落葉低木。
葉は長さ7.5〜15cm、幅5〜9cmの倒
卵形で.縁には粗い鋸歯がある。
基部の葉はクサビ形になり.葉柄は殆
ど無いか.ごく短い柄がある。
5〜6月、葉の展開と同時に雌雄花序
をだし、黄緑色の花をつける。
果実(堅果)は長さ2〜3cmの楕円形で.
10〜11月、茶色に熟す。
群馬県のミズナラ生育地は概ね標高
800m以上と思われる。


            (若い果実)
   群馬県 2015.8.24 画像をクリック

トップページへ  前ページへ