ミズユキノシタ


群馬県安中市 2000.5.19

群馬県安中市 2000.5.19

群馬県安中市 2000.9.9

群馬県安中市 2000.9.9
            ミズユキノシタ
アカバナ科チョウジタデ属
Ludwigia ovalis

湖沼や水路などの水辺にやや稀に生える
多年生の湿生植物。
茎は地上を這い、上部は斜上する。
葉が互生し、短い葉柄があり、葉身は広
卵形でしばしば赤みがかる。
7〜10月、気中葉の葉腋に目立たない
花をつける。
花被は淡黄緑色をした三角形の萼裂片
4個からなり、花弁はない。
沈水している春先は全体に赤みを帯るが、
夏以降は緑色になる。
外来種のアメリカミズユキノシタ、セイヨウ
ミズユキノシタは葉が対生する。
群馬県唯一の自生地(安中市)は遷移が
進み絶滅した。

トップページへ  前ページへ