モメンヅル


長野県浅間山 2007.7.22 画像をクリック

(果実) 長野県浅間山 2006.8.5

長野県浅間山 2007.7.22 画像をクリック

長野県 2013.7.17 画像をクリック

長野県 2013.7.17 画像をクリック
        モメンヅル
マメ科ゲンゲ属
Astragalus reflexistipulus

山麓の草地や林縁にやや稀に生える
長さ30〜80cmの多年草。
茎は地を這い、上部は斜上する。
葉は奇数羽状複葉、 小葉は長卵形か
ら長楕円形で鈍頭で 表面は無毛、裏
面に白色の短伏毛が散生する。
托葉は離生しやや開出してつき、狭卵
形、鋭尖頭で、宿存する。
6〜8月、淡黄色の蝶形花をつける。
10年以上探していた植物だが、なかな
か出合えずにいた。
そんな折、御代田のIさんから「浅間山
で見つけました」と電話をいただいた。
既に花は終っていたが、 シロバナクサ
フジ
も見られ、十分満足する。
来年の野帳に 「モメンヅル撮り直し」と
記入する。(2006.8.5の野帳から)
浅間山麓で行った観察会 (06.7.23)が、
Iさん最後の野外活動になった。



    長野県浅間山 2007.7.22 画像をクリック

    長野県浅間山 2007.7.22 画像をクリック

    長野県浅間山 2007.7.22 画像をクリック

    長野県 2013.7.17 画像をクリック

   長野県 2013.7.17 画像をクリック

トップページへ  前ページへ