モウセンゴケ


群馬県玉原湿原 2005.8.2
      モウセンゴケ
モウセンゴケ科モウセンゴケ属
Drosera rotundifolia

日当たリのよい湿地や湿性地に生える
多年生の食虫植物。
葉には腺毛があり、 先端から粘液を出
して、虫を捕らえる。
腺毛は虫を押さえるように湾曲し、その
後、葉も虫を包むように湾曲、腺毛から
消化酸を分泌する。
谷川岳・至仏山では標高1800m以上の
登山道で観察できる。
これまで随所で観察しているが、綺麗な
写真が1枚も無かった。
今年は是非、撮り直しをしたい。
(2005.8.2 沼田市玉原湿原で撮り直す)


     群馬県谷川岳 1998.7.8

トップページへ  前ページへ