ムカデラン


埼玉県 2004.8.1 画像をクリック

埼玉県 2004.8.1 画像をクリック

埼玉県 2010.8.8 画像をクリック
      

ムカデラン
ラン科ムカデラン属
Sarcanthus scolopendrifolius

関東地方〜九州に分布
日の当たる岩壁・樹幹などに稀に着生する
常緑性の小型ラン。
茎は所々の節から葉と同じ太さの白い気根
を出し、疎らに分岐する。
葉は互生し、葉身は円柱状で長さ約2cm。
6〜8月、短い花茎の先に直径1cm足らずの
淡紅紫花を1個つける。
和名は植物体からムカデを連想したもの。
垂直の岩壁に着生していたが、高所のため、
撮影には一苦労した。
壁下を歩くと強風で落下したムカデランを見
かけることがある。
自生地は樹木が岩全体を覆っており、陽は
上部で当たっているに過ぎない。
遷移が進むと消滅する可能性がある。


    埼玉県 2004.8.1 画像をクリック

        埼玉県 2004.8.1

    埼玉県 2010.8.8 画像をクリック

トップページへ  前ページへ