ムカゴネコノメソウ


栃木県芳賀郡 2006.3.17 画像をクリック

栃木県芳賀郡 2006.3.17 画像をクリック
        ムカゴネコノメソウ
ユキノシタ科ネコノメソウ属
Chrysosplenium maximowiczii

東海地方以北、福島県に分布
山地の沢沿いや林床などに生える
高さ5〜10cmの多年草。
地中にストロンを伸ばし、その先に
球芽(むかご)をつける。
茎葉は2〜3対が対生または互生し
卵円形、長さ4〜18mm。
3〜4月. 花は茎頂に数個つき. 葉と
同形の苞がある。
花には花弁がなく. 4個の萼裂片は
淡黄緑色で直立する。
分布の中心は神奈川. 静岡県だが、
栃木県にも自生する。
栃木県植物同好会のFさんに下見
をしていただき、旬を写せた。


   栃木県芳賀郡 2006.3.17 画像をクリック

   栃木県芳賀郡 2006.3.17 画像をクリック

トップページへ  前ページへ