ムカゴソウ


沖縄県(本島) 2007.3.18

沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

沖縄県 2016.2.29 画像をクリック
        ムカゴソウ
ラン科ムカゴソウ属
Herminium monorchis

北海道南部〜南西諸島に分布
やや湿った草地や林縁などに生える
高さ20〜40cmの野生ラン
葉は細長く.ほどに2〜5枚つき、地下
に楕円状のイモがある。
2〜8月、 花茎の上部に淡緑色の小
さな花を穂状に多数つける。
唇弁は長さ5〜8mm、3中裂、中央裂
片は短く、突起状、側裂片は線形。
和名は地下のイモをムカゴに見立て
たことに由来する。
群馬県は「群馬県希少野生動植物の
種の保護に関する条例」で維管束植
物8種のひとつに指定されている。
「所変われば品変る」のことわざ通り、
沖縄県は道ばたで観察できる。


      沖縄県(本島) 2007.3.18

   沖縄県 2016.2.28 画像をクリック

    沖縄県 2016.2.29 画像をクリック

    沖縄県 2016.2.29 画像をクリック

トップページへ  前ページへ