ムラサキニガナ


千葉県 2006.6.28 
         ムラサキニガナ
キク科アキノノゲシ属 
Lactuca sororia

山地の林縁などにやや稀に生える
高さ50〜120cmの多年草。
葉は互生し、茎の下部の葉は羽裂
し、上部の葉は披針形で小さい。
6〜8月、円錐花序に紫色の小さな
花を下向きにつける。
花のアップは全てブレていた。


       千葉県 2006.6.28

トップページへ  前ページへ