ムヨウイチヤクソウ


長野県浅間山 2007.7.22 画像をクリック

(果実) 長野県浅間山 2006.8.5
      ムヨウイチヤクソウ
イチヤクソウ科イチヤクソウ属
Pyrola asarifolia var. purpurea f. subaphylla

ベニバナイチヤクソウの1品種
1952年、高橋基生博士が長野・群馬県境
の浅間山で最初に発見した。
(信濃植物誌 1983 横内斎著に記載)
山地〜 亜高山の針葉樹林内にやや稀に
生える高さ15〜20cmの多年草。
殆どの個体は無葉だが、花後に小さな葉
が1枚出るものもある。
7/中旬〜7/下旬、 花茎の先に総状花序
をつくり、淡紅色の花を数個つける。
花期は母種に比べ、1ヶ月ほど遅く、花茎
はかなり赤みを帯び、花色もやや薄い。
2007年は6月30日に訪れたが、 ベニバナ
イチヤクソウは全て終わっていた。
7月、再度訪れて新鮮な個体を写す。


   長野県浅間山 2007.7.22 画像をクリック

   長野県浅間山 2007.7.22 画像をクリック

トップページへ  前ページ