ムヨウラン


栃木県芳賀郡 2006.6.2

栃木県芳賀郡 2007.6.12 画像をクリック

(薄紫色) 栃木県芳賀郡 2007.6.12 画像をクリック 
          ムヨウラン
ラン科ムヨウラン属
Lecanorchis japonica

別名:スケロクラン
宮城県以南、四国、九州に分布
山地の常緑樹林内などにやや稀に生える
高さ20〜40cmの腐生植物。
葉緑素がなく、葉は鱗片化している。
5〜6月、黄褐色の花を総状に数個つける。
茎と同じように細い花柄子房をもち、花被
片との境には副萼と呼ばれる器官がある。
花はマツタケに似た芳香がある。
前から見たいと思っていたが、 これまで何
度探しても見つける事はできなかった。
想いを寄せていた植物に写すのも忘れ、し
ばらく眺めていた。(高尾山)
栃木県は100株以上自生していたが、藪蚊
の襲来で満足に撮れなかった。
変異内と思われるが、ウスキムヨウラン
似た紫色を帯びた個体もある。


     東京都高尾山 2002.6.11

   (薄紫色) 栃木県芳賀郡 2007.6.12

トップページへ  前ページへ