ミョウギカラマツ


群馬県妙義山 2003.7.28

群馬県妙義山 2003.7.28

群馬県妙義山 2003.7.28

群馬県妙義山 2013.7.9 画像をクリック

群馬県妙義山 2013.7.9 画像をクリック

群馬県妙義山 2014.7.19 画像をクリック

(果実)
群馬県 2016.11.7 画像をクリック

(果実)
群馬県 2016.11.7 画像をクリック
       ミョウギカラマツ
キンポウゲ科カラマツソウ属
Thalictrum minus var. chionophyllum

妙義山塊の岩壁などにやや稀に生える
高さ50〜80cmの多年草。
小葉の裏が著しい粉白色となり、妙義山
の集塊岩上に斜上または垂れ下がる。
7〜8月、散房状の花序をだし、 淡黄白
色の花を多数つける。
妙義山でも数は少なく、大切に保護した
い植物である。
急峻な岩場に自生するので、撮影には
細心の注意を要する。


    群馬県妙義山 2005.7.21 画像をクリック

     群馬県妙義山 2005.7.21

    群馬県妙義山 2010.7.8 画像をクリック

             (葉裏)
    群馬県妙義山 2013.7.9 画像をクリック

    群馬県妙義山 2013.7.9 画像をクリック

   群馬県妙義山 2014.7.19 画像をクリック

              (果実)
   群馬県 2016.11.7 画像をクリック

              (果実)
   群馬県 2016.11.7 画像をクリック

トップページへ  前ページへ