ミョウコウトリカブト


長野県 2009.9.23 画像をクリック

長野県 2009.9.23 画像をクリック

長野県 2014.9.6 画像をクリック

長野県 2014.9.6 画像をクリック
       ミョウコウトリカブト
キンポウゲ科トリカブト属
Aconitum nipponicum var. septemcarpum

頚城山地・戸隠山系や群馬県北部に
分布するミヤマトリカブトの変種
亜高山帯の林縁や草地に稀に生える
高さ50〜150cmの多年草。
花柄は屈毛、上萼片は僧帽状、雄蕊
や雌蕊に短毛が密生する。
葉は3浅裂〜中裂し、中央裂片は浅く
切れ込み、先は尖る。
8〜9月、 茎の上部に青紫色の美しい
花を円錐状に多数つける。
雨の中、 目的の湿地を目指すと憧れ
のミョウコウトリカブトが出現した。
産地は局所的で、中々出合えない。


   長野県 2009.9.23 画像をクリック

    長野県 2009.9.23 画像をクリック

    長野県 2014.9.6 画像をクリック

    長野県 2014.9.6 画像をクリック

トップページへ  前ページへ