ナガバギシギシ


群馬県藤岡市 2008.11.15
       ナガバギシギシ
タデ科ギシギシ属
Rumex crispus

ヨーロッパ原産の帰化植物
田のあぜ、荒地などにふつうに生える
高さ80〜150cmの多年草。
葉は長楕円形、 深緑色、縁は縮んで
波打つことが多い。
4〜11月、 茎の先に約30cmの花穂を
出し、緑色の花を多数つける。
根生葉は長楕円形、果実の翼は広卵
形、縁は全縁で鋸歯はない。
この仲間は果実の翼の形、鋸歯の有
無が同定のポイントになる。


 群馬県藤岡市 2008.11.15 画像クリック

トップページへ  前ページへ