ナガバモミジイチゴ


奈良県御所市 2008.4.27
       ナガバモミジイチゴ
バラ科キイチゴ属
Rubus palmatus

中部以西、四国、九州に分布
山地の林縁などにふつうに生える
高さ1〜2mの落葉低木。
茎や新枝は無毛で、刺が多い。
葉は長卵形で、切れ込みの無いも
のと3〜5裂するタイプがある。
4〜5月、直径約3cmの白い清楚な
花を下向きにつける。
6〜7月、果実は橙黄色に熟す。
関西は各地でふつうに観察できる。


      奈良県御所市 2008.4.27

トップページへ  前ページへ