ナガバノウナギツカミ


栃木県渡良瀬遊水地 2008.10.14 画像をクリック

栃木県渡良瀬遊水地 2008.10.14

栃木県渡良瀬遊水地 2009.9.27 画像をクリック

栃木県渡良瀬遊水地 2009.9.27 画像をクリック
       ナガバノウナギツカミ
タデ科イヌタデ属
Persicaria hastatosagittatum

水湿地や水辺などにやや稀に生える
高さ30〜100cmの1年草。
葉は互生し、卵状披針形〜披針形で、
先は鋭く尖り、基部は鉾形をする。
葉柄は顕著で茎を抱かず、花柄には
腺毛が密生する。
9〜10月、茎頂に花被が5深裂した淡
紅色を帯びた小さな花をつける。
湿地の埋め立て、河川の改修工事な
どで、産地は減少している。
広い遊水地でも産地は限られている。


 栃木県渡良瀬遊水地 2008.10.14 画像をクリック

              (花柄の腺毛)
 栃木県渡良瀬遊水地 2008.10.14 画像をクリック

 栃木県渡良瀬遊水地 2008.10.14 画像をクリック

    栃木県渡良瀬遊水地 2010.10.5

トップページへ  前ページへ