ナガボハナタデ


長野県佐久市 2008.9.15
        ナガボハナタデ
タデ科タデ属
Persicaria posumbu var. stenophylla

やや陰湿な路傍・林縁などに生える
高さ30〜60cmの多年草。
葉は互生、長さ3〜9cmの卵形〜長
楕円形で先は尖る。
8〜10月、 細長く伸びた花序の先に
淡紅色の小さな花をつける。
穂が長く、疎らに花をつけるものをナ
ガボハナタデと呼び、区別する。
佐久の個体群はこのタイプが多い。


       長野県佐久市 2008.9.15

トップページへ  前ページへ