ナガオノキシノブ


埼玉県奥秩父 2006.5.3
         ナガオノキシノブ
ウラボシ科ノキシノブ属 
Lepisorus angustatus

福島県〜徳島県に分布。
山地〜亜高山の岩場や樹幹に生える
長さ10〜30cmの常緑性シダ。
根茎は細く、匍匐し、葉身は細長い。
胞子嚢群は円形で、辺縁寄りにつく。
ノキシノブとの区別点は葉身が細長く、
鱗片がやや小型である。
奥秩父の渓流沿いで観察できる。

トップページへ  前ページへ