ナンバンハコベ


長野県北佐久郡 2006.8.18

長野県北佐久郡 2006.8.18
        ナンバンハコベ
ナデシコ科ナンバンハコベ属 
Cucubalus baccifer

丘陵地〜山地の林縁、草地などに生える
つる状に伸びる多年草。
茎はよく分枝し、長さ1m以上になる。
葉は対生し、長さ2〜5cm、幅1〜2.5cmの
卵形で全縁、縁や裏面に毛がある。
6〜9月、独特の花を横向きまたは下向き
つけ、半球形の萼が目立つ。
花弁は白色で、舷部は2裂する。
刮ハはほぼ球形で、熟すと黒くなる。
和名は南蛮渡来の意味ではなく、花の形
が異風なことに由来する。
林縁などでふつうに観察できる。


    長野県北佐久郡 2006.8.18

             (刮ハ)
  長野県北佐久郡 2009.12.25 画像をクリック

トップページへ  前ページへ